子どもの郷土愛と誇りを育む伝統文化の末永い継承を望む ~ 1世紀の歴史をもつ豊年祭・敬老会盛大に開催 ~

9月14日(土),十五夜の日,恒例の集落行事「豊年祭・敬老会」が,嘉鉄公民館で開催されました。
 豊作への感謝と祈りをささげる神事や敬老の方々へのお祝いの式の後,嘉鉄ならではの踊りや芸能,相撲など多彩な演技が次から次へと繰り広げられ,大いに盛り上がりました。葵さん,美空さんは,婦人会の皆さんに混じって,「ソーラン」などの踊りに笑顔で出演し,辰穂くん,太洋くんは,親子相撲でおとうさんの胸に力一杯ぶつかりました。
 また,翌15日(日)には,蘇刈集落でも豊年祭が開催されました。蘇刈ならではの民俗芸能である棒踊りでは,男性の勇壮な舞に加え女性の軽快な舞,古来日本の都の雰囲気が広がる「伊勢音頭」など,とても見ごたえのあるものでした。
 子どもたちにとって,郷土のこの素晴らしい伝統文化は,何より大きな郷土愛と誇りを生み,将来生きていく上での自信と心の支えになっていくものと思います。これからも末永く継承されていくことを切に願います。


IMG_0502.JPGIMG_0533.JPG

この記事へのコメント