「学校の存在は,地域の活力維持にとって不可欠」という思い新たに! ~ 嘉鉄小学校・校区合同 秋季大運動会 大盛会にて終了 ~ 

IMG_0073.JPG
IMG_0710.JPG
IMG_0261.JPG
IMG_0108.JPG
9月23日,台風17号の影響で1日延期となりましたが,幸いにも朝方の小雨も午後にはすっかり上がって穏やかな天候となり,嘉鉄小学校・校区合同 秋季大運動会が無事に,そして大盛会にて終了しました。2学期がスタートして約3週間と短い期間ではありましたが,一人一人が自分の目標を掲げ,毎日,一生懸命練習に取り組んできた成果を存分に発揮してくれたと思います。
 児童の部においては,みごと白組の勝利で終わりましたが,勝敗よりも,何より,一人一人が,「最後まで 力を合わせ きばれ嘉鉄っ子」のキャッチフレーズの通り,エンジン全開で取り組んでくれたことがうれしかったです。中でも,「表現」では,楽しさあふれる「パプリカ」のダンスや,一人一人の実態に合わせた演技を協力し合って発表した一輪車は,見る人をおおいに楽しませてくれました。
 地域対抗の部においても,一つ一つの競技が大変盛り上がり,しかも滞りもなくスムーズにプログラムが進行していったことは,「お見事!」の一言に尽きます。校区の皆さんの目に見えない「阿吽の呼吸」のおかけだと実感することです。
 運動会を終えた今,競技への熱心な取組と子どもたちへの温かい声援,そして前日や当日の早朝からの献身的な準備作業へのご尽力を思うとき,「校区と学校が一体となった行事の運営こそ,嘉鉄校区の最大のよさである」ということ,「学校行事は校区の皆さんの支えなしでは成り立たない」ということ を実感させられ,ご協力にただただ感謝申し上げる次第です。
 一方で,その裏返しとして,子どもたちのがんばる姿を見てもらうことを通して,地域の皆さんに元気を与えられていることも,手前味噌ながらしみじみと感じさせられ,学校の存続は,地域の活力維持にとって不可欠のものという思いを新たにさせられる運動会でした。 

この記事へのコメント